So-net無料ブログ作成
07年タイ・麗江旅行記 ブログトップ

4、~バンコクで食べたもの♪ [07年タイ・麗江旅行記]

夏は終わったのに、まだ昨年夏の旅行記をupできてないなんて、すごく情けない・・・。
今日で完結でございます~。

   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

涼しい麗江を離れ、暑いバンコクへ。
勝手知ったる・・・、なので、私は毎日お出かけ、
夫・息子はプールで一日を過ごすのがいつものスケジュール。
昼食だけ合流♪

ルンピニ公園近くにあるヤムの専門店『ヤム&タム(yam&tum)』。
ちょうど昼2時半過ぎに入ったら、ハッピータイムで割引中!ラッキー♪
カジュアルな雰囲気のこざっぱりした店内でした~☆

     DSC00210z.jpg      DSC00212z.jpg 
南部の料理「カオヤム」。星型のご飯がキュートです。ハーブたっぷりなので女性は好きかも。
(ちなみに10月の料理教室Bコースでご紹介しました。)
それと、「カリカリッとしたイカのヤム」、 

     DSC00214z.jpg      DSC00215z.jpg
「フライド・ソムタム」
ソムタムを揚げちゃうんですね・・・・。
青パパイヤの味なんて飛んでましたが、まるでスナック菓子!
辛いのに参っていた小4の息子は、いたく気に入った様子。
(こういう店では、彼はいつもカオパット(焼き飯)なのです。)

バナナリーフに包まれて出てきたのは、「カオニヨウ」(炊いたもち米)!
かわいい~!こんなプレゼンテーション、素敵です。
          
            *******
タイ在住の友人達と、スクムビットsoi4の『キンナリー(kinnaree)』でディナー。
古い邸宅を改装したレストランで、緑茂るエントランスにサーラー(東屋)があります。
伝統的なタイ料理を、大きく足を踏み外すことなくアレンジを加えた料理の数々。
ワインも豊富で、お金持ちタイ人、西洋人の割合多し、でした。
       DSC00244z.jpg    DSC00247z.jpg
有名タイ料理をおしゃれに一口ずつ盛ったプレート。
トートマンプラー、サテ、バナナフラワーのヤム、etc.・・・・。
日本の高級タイレストランでも、こういう風に出せば喜ばれるでしょうね!
一口の料理ごとにタレが添えられ、(つまり5種類ほどのソースが出てきた)、
これどの料理のタレだっけ~、てなことに(笑)。うれしいこだわりを感じさせます♪
このプレートだけでビールを楽しむのもよし。
私達はお気に入りのワイン持ち込みでいただきました~。
そして、「サーモンのチューチー」。 しっとりサーモンにソースがまろやか。

           *********

タイ永住の友人たちと、スクムビットsoi49のタイ料理屋さんでタイご飯。
       DSC00217z.jpg    DSC00221z.jpg
たこ焼き器のようなコンロに盛られた「ホイソンクルアン」。
アサリ版のエスカルゴバターのような料理で、
添えた食パンにのせて汁気を吸わせながら食べる前菜です。
これは「僕はこれが好きなのだ。」というN氏のオーダー。
(ちなみに、来年の教室でご紹介予定です♪)
そして、「アタシはこれ食べたい」とワタクシがオーダーした、「サトー豆と海老の炒め物」。
ソラマメ大の、少しほろ苦いタイ南部の豆。
見た目は何てことないけれど、問題は食べた後・・・・。
私は気にしたことないのですが、かなりクサイ、のです。
Kさんは、「明日仕事があるから。どうぞたっぷり召し上がれ~。」と食べなかった・・・。

              *********

もうひとつご紹介したかったのが、soi38にある『ランナータイ(lan na thai)』。
100年近く前の北タイ家屋をバンコクに移築したレストランで、
今では入手困難であろう重厚なチーク材をふんだんに使った超オシャレな店。
オシャレ過ぎて、照明を落とした店内での食事は闇鍋状態!(笑)。
メニューも、ペンライトで光を当ててもらって読んだほど。よって写真もなし。
マネージャーに、セレブなタイ人がパーティに使う特別室など隅々まで案内してもらいました。
お値段は、かなり高め。大人4人で、ビール代だけで1万円近く・・・。
請求書見たとき、どひゃ~、驚きました!ここ、タイですよ~、そんなに飲んだっけ?
どうりでマネージャーのサービス良かったわけだ。
今度行くなら、ランチにします~!

               ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇ 

ああ、一年前なのに記憶は鮮明!
もちろん普通のフードコートや屋台にも行きました。 
楽しかった~、本場タイ料理は美味しい!

さあ、次はこの夏の旅行記に取り掛からなくては!!  
     

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3、~麗江の食べ物 [07年タイ・麗江旅行記]

雲南省麗江で食べたもの。

    DSC00132z.jpg  DSC00187z.jpg 
串刺しが店先に並んでいて、欲しいものを注文します。
魚介類、牛・羊・豚・鶏、練り物、野菜、揚げ豆腐・・・。
すぐに店の横で炭火焼にしてくれて・・・
    DSC00189z.jpg   DSC00141z.jpg  
はい、出来上がり。粉っぽい独特のスパイスがたっぷり振り掛けられてます。四角いのは臭豆腐。
夜風にふかれてビールを飲むのに良し。 
右は竹詰めのほんのり甘いゴハン。タイ東北部にもありましたっけ。

    DSC00174z.jpg    DSC00179z.jpg 
卵とトマト炒め入りのスープに手打ちうどんが入ってました。この組み合わせ、一瞬?でしたが、
意外にありです!家でも作れそう♪  
やっぱり中華チャーハンや水ギョーザははずれなしの美味しさ。

     DSC00133z.jpg  DSC00194z.jpg 
各種キノコが豊富。マツタケあるの、わかります?
でも前年の雲南省昆明で死ぬほど食べたので、今年は皆見向きもしませんでした!
ぶ、豚ちゃ~ん!!!つやつや、こんがり[ビール]

全体的に四川寄りの唐辛子が効いた味付けなのですが、
麗江の食事は期待しないほうが・・・、というのが正直な感想でございます~。

次回は、再びバンコクに戻って編です♪


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2、~雲南省麗江 [07年タイ・麗江旅行記]

さあ、08年の夏休み♪・・・・ん?・・・あ~っ、忘れてた~。
昨年の旅行記、途中止めになっておりました。[ふらふら]

2日目、バンコクから雲南省昆明経由、麗江へ。
昆明の北西に位置する、標高2500メートルの麗江に到着。
これ以上高くなると、高山病の恐れが出てくる。
階段を急いで上ったり走ったりすると少し胸苦しい。
もっと北のシャングリラに行きたかったけど、どうやら私はここが限界らしい。

麗江はナシ族の街。星を背負った民族衣装を着た人たちが今も街に住む。
石畳の道、ナシ様式の建物、道に沿って細い水路が流れ、石橋がいくつも
渡されている。

この街を元の時代から22代にわたって支配していたのが木氏一族。
ここには敵から身を守る塀はない。
囲いを作る(木の字を囲む)と、「困る」につながるため、あえて作らなかったという。
なるほど・・・・・。

     DSC00109z.jpg
        高い山から見た瓦屋根の街並み

     DSC00060z.jpg
        ナシ族のオバちゃんたちは広場で陽気に歌い踊っている

      DSC00131z.jpg
       泊まったナシ様式建築のホテル

     DSC00120z.jpg DSC00158z.jpg  

      DSC00084z.jpg

1997年に世界文化遺産に登録されて観光客が激増、
まるでディズニーランドのような混雑振りに、うんざり・・・。
夜には、統一された赤い電燈が灯され、妖しげな街に変わる。
まるで、「千と千尋の神隠し」で、両親が豚になってしまったあの街のような雰囲気だ。
ああ、登録される前に来たかった。夜もすごい人込み・・・。(ワタシもそのひとりだけど。)

DSC00078z.jpg  DSC00065z.jpg

麗江は、「茶馬古道」の街でもある。
交易のために馬に茶をのせて、はるかチベットまで困難を極めたルートのひとつ。
運搬に便利なように固められたプーアール茶が、塩などと交換された。
茶藝師の資格をとった私は、是非とも来たかった街なのだ。
ちょっと茶葉保管庫のなかをパチリ♪

     DSC00166z.jpg  DSC00200z.jpg

次回は、麗江の食べ物☆!





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

1.~バンコク初日 [07年タイ・麗江旅行記]

2007年夏に、タイのバンコク、中国雲南省の麗江を旅行した。タイは毎年恒例の目的地、
もう1箇所は前年の昆明に続いて、雲南省の街を選んだ。

まずは、バンコクで1泊トランジット。「ドゥシタニホテル」に宿泊。
昔は、だぼっとしたズボンのタイ衣装を着たボーイが出迎えてくれタイ情緒満喫だったが、
今は普通のボーイ姿でちょっと残念・・・。ここは古いけれど、王室御用達の由緒あるホテル
なのだ。今回は、オフィスプロモーションを利用したので格安な料金でエグゼクティブルーム手配。
同フロアに大臣が泊まっていたので24時間警備体制だ。盗難の心配なし!
チェックインは別室でソファーに座りお茶をいただきながら。タイシルクのスーツをきりっと着こなした
女性マネージャーが対応してくれる。専用のラウンジは、お酒・飲み物・軽食食べ放題。パーティの
ようにおしゃれな盛り付け。「こちらでごゆっくりしてくださいね。」タイ美人は微笑む。
特別待遇は気分よいわぁ~♪
朝食も特別ルームだ。好きな料理をオーダーできる。小4の息子はモーニングステーキを朝から
注文する。こんな時に限ってメニューの英語はわかるらしい。
(朝は8枚切りパンをさらに半分切った量しか食べない彼が、である。)
いつも高いホテルには泊まらないので、1泊だけだったなんてもったいない~!

さて夜は、タイ人の友人に “話題のタイ料理の店を”とリクエストしてある。
いくつかの候補から、シーロムにある「タリンプリン」に行った。
食べた料理はこちら。

順に、『巻きトートマンプラー』。クレープのようなものでトートマンプラー生地を巻いて揚げてある。
なんだか面白い食感だしプレゼンテーションが素敵だわ♪ これ、自宅でもtryしてみたが、予想外に
難しいのだった。 
『コームーヤーン』(豚ののど肉のあぶり焼き)。家族全員の大好物だ。
『タイ風ライスペーパー巻き』。ぶるんとしたクイッテオで野菜や肉を巻き、甘酸っぱ辛いソースが
かかっていてすごく美味しかった。 
『タイ風ビーフジャーキー』。これは大人のおつまみ。子供にはウケない。
『ドーグカジョンの卵炒め』。ドークカジョンという野菜を初めて見た。昔からあるが最近はスーパーで
よく売ってるらしい。ふきのとうが開ききったような形だ。ほぐしたものを、卵・春雨などと一緒にオイス
ター系のソースで中華風に炒めてある。キャベツを炒めたような甘みがあり、これも美味しい。子供が
好きな味だ。タイの伊勢丹スーパーで探してみたが「タイアスパラの花」として売っていた。
・・・・う~ん、違うような気がする。
店内は、タイの家族連れ、若者クループ、在住日本人らしき夫婦などで大繁盛。普通のしゃれたレス
トランといった内装だが、お値段もリーズナブル、メニューも基本からオリジナルものまであり面白い。
また行きたい店のひとつになった。
ここを選んでくれた彼女は、タイに行くたびに食事を共にするのだが、旅行の趣味が驚くほど一致して
いる。ここ数年の昆明、ベトナム・ハノイ、ホーチミン、行き先同じ。
そして先月に、私たちが翌日から行く麗江にも旅行したという。
最新の情報を聞きながら、中国への期待が膨らんでいく。


 *おまけ! ヤム等に欠かせないタイのライム『マナオ』の木。

・・・・・続きは次回!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
07年タイ・麗江旅行記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。