So-net無料ブログ作成

料理教室2016年4月 [料理教室]

タイ・エスニック料理&アジアンスイーツの料理教室【アジアンダイニング】、
2016年4月教室の様子です。
今月のテーマは「グリーンGREEN」♪

4月パクチージェノベーゼ.jpg4月グリルチキン.jpg
4月紫キャベツ.jpg4月海老とイカ.jpg
4月若草.jpg

◆パクチージェノベーゼのスパゲティ  ◆グリルチキン パクチージェノベーゼ
◆紫キャベツのタイ風サラダ  ◆海老とイカの青海苔炒め
◆若草(春のそぼろもち)

4月は、お料理・お茶・クロスも、グリーンで統一。
タイ料理の緑といえば「パクチー」。空前のパクチーブーム到来らしい(?)
ということで、どっさり使ったパクチージェノベーゼを作り、このソースをベースに2品。
■生パクチーは苦手かも~というかたも、このソースにすれば「イケるかも!」。
■グリルチキンはしっとりと焼き、もう一つの調味料を加えたソースを塗っていただきました。お弁当にも◎。 ■旬の生青海苔をソースにした海鮮炒めは、優しい春の味でしょうか。■紫キャベツのサラダはチキンの付け合わせに。鮮かなサラダは色々使えますよね。■デザートは、島根の和菓子「若草」をアレンジしたもの。若草萌える春らしさを味わってくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご一緒にタイ・エスニック料理を楽しみませんか?
次回の定期レッスンは、
  5月10日(火)、11日(水)、13日(金) 10:30-13:30

空豆と海老のカレー炒め / 春キャベツと豚しゃぶのヤム / アサリのガーリックバター / ジャスミンライス / アジアンデザート 

・・・の予定です。
教室の詳細・お申し込みは、HP、またはBlog(左上メール)から♪
ご参加、お待ちしています。

小ざさの羊羹 [料理・食べ物]

ベターホーム協会の食文化セミナー「タイ料理を楽しむ会」全4回終了。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

自宅教室の孤独な分配とは違い、セミナーは色々とおしゃべりしながら準備を進めるので
そこも楽しみの一つ。
軽食タイムに、スタッフの方からの差し入れ。

ようかん.jpg

あの、行列ができる吉祥寺「小ざさ」の羊羹。
全員、「すご~い!」 歓喜の声♪

見た目は普通ですが、
「朝5時頃から行列ができてすぐに売り切れる」羊羹と聞くと、
美味しさもワンランクアップ[右斜め上]

「行列ができて、手に入りにくい」言葉添えは、魅惑のプレゼンテーションですな。
料理は、そこのところ、大切。

甘党の私なら一竿ぺろりと食べちゃう、くらいの
みずみずしい甘さ控えめの羊羹でした。

次回のセミナーは秋の予定。ご参加お待ちしています♪
ご馳走様でした~。








パクチーポテトチップス [タイ関連]

4月の料理教室は、パクチー祭り!
パクチーソースを使ったメニューをレッスン中。

生徒さんから、「パクチーポテチ」がめちゃウマ♪と教えてもらいました。
カルディで売ってるのは知っていたけど、スルーしてたの(>_<)。
入荷するたびに飛ぶように売れ、入手困難ですって。

パクチーポテチ.jpg

ゲットしました。
カルビーではなく!、カルディ―の「パクチーポテトチップス」。
乾燥パクチーをただ混ぜたのではなく、
クローブ・カルダモン・コリアンダー・シナモン・スターアニス等のスパイスを加えた
“パクチー好きが作った”ポテチ、と書いてあります。

口に入れると、“パクチー~”。
ふう~んと鼻に香りが抜けて、チップスは薄くサクサクで良い感じ。
5種のスパイスを加えたからこその余韻でしょうかね。

1袋338kcal。
なので、1~2枚でやめとこうと思っていたのだけれど。

だんだんパクチー味がクセになってきて、結局一気食いしてしまいました。
338kcal・・・・やはりポテチは魔物。

パッケージにパクチー愛が感じられ、
これはパクパク食べるより、
家飲み会で、ビールと一緒に大人な食べ方をするとよいポテチかも。
特に女子には、ね。






花粉症に効く果実「じゃばら」 [岡山いろいろ]

春休み、岡山に帰ってスーパーをのぞいたら・・・、
庭で実ったものの、名前がわからなかった果実があるではありませんか!

じゃばら160327.jpg

“じゃばら”
すぐにスマホ検索してみたら、花粉症に効果がある幻の果実、ですって。
(写真は、ちょっとしわしわになってしまったもの(^-^;)

なるほど、ガッテン。
花粉症に悩む父が、突然倒れる前に植えた樹木がコレでした。
一昨年、初めて小さな実をつけ、
昨年秋に、大きな実が4個。
酸っぱかったので食べられないわと寝かされていた謎の果実。
母「そう言えば、お父さん、花粉症がどーたらと言っていたような・・・」。

じゃばら016034.jpgじゃばら0160314.jpg

「じゃばら」は、和歌山県北山村周辺に自生している、柚子・かぼすの仲間で、
昔から、“邪気を払う”といわれて、この名がついたとか。
抗アレルギー成分である、フラボノイド「ナリルチン」が含まれていて、
薬に頼らず、花粉症が抑えられることがわかり、評判になっているそうです。

植えて4~5年で結実する「じゃばら」。
もうそんなに経つのか・・・と思いながら、
今は口にすることができない父に代わって、
大事に横浜に持って帰りました。

果汁は、鼻に抜けるときに独特の芳香が漂い、
アゲハ蝶の幼虫(青虫)をつついた時に、攻撃で発する香りにとてもよく似ていました。
・・・わかる?





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。