So-net無料ブログ作成
検索選択

ザ・ペニンシュラバンコクへ ~⑧ [2014年夏バンコク旅]

バンコク二つ目の宿は、チャオプラヤ川の向こう側、トンブリサイド、
『ザ・ペニンシュラ・バンコク』

2014_6923.jpg2014_6987.jpg

部屋に入るとすぐに視界に飛び込んでくる、大きな空、中心街のビル群、
そして見下ろすと、昔から変わりないチャオプラヤ川の流れ。
部屋にあるお茶セットは、ジャスミン茶葉と急須。
いい部屋でした。

2014_6894.jpg

来夏はシュートの受験のため、多分最後の家族旅行になるかなと、
川沿いの風情のあるホテルを選びました。

ちょうどシュートが1歳の誕生日を迎える頃に本帰国となり、
最後の夜に泊まったのは、川向かいの『オリエンタルホテル』。
ペニンシュラはまだ建設中でした。
17歳になった息子とこの川を眺めることができるなんて・・・・感慨深い・・・。

2014_6895.jpg

ホテル専用の船があるので、わずか2分程で中心地に渡ることができます。


さて、お昼が飲茶だったためお腹が減っておらず、さあ何を食べようかということになり、
ぷらぷらして、ロビンソンデパート地下の「MKレストラン」に。
タイスキの店は「コカ」か「MK」か、タレで好みは分かれますが、私は“MK派”。

2014_6989.jpg2014_6992.jpg

まずは、具を待っている間に「ローストダック」。
タイスキ店にはなぜか必ずあるのですが、これとっても美味しい、おススメです。

2014_6988.jpg2014_6990.jpg2014_6991.jpg2014_6996.jpg

注文した具は、こんな段々容器で運ばれ、自分で鍋に入れてタレにつけていただきます。
「ワカメ」が、薔薇の形!
そして、〆は大好きな「翡翠麺」。
お腹減ってない~といいながら、食べ始めると進む進む♪

住んでいた頃は、昼からお一人様タイスキをするくらいでした。
久し振りに食べられてよかった♪




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

EAT ALL THAI @Groove ~⑦ [2014年夏バンコク旅]

初日に行った、セントラルワールドの食の新エリア“Groove”。
もう一軒、興味のあった店『EAT ALL THAI』。

   2014_7039.jpg

タイ家庭料理コンセプトで、
トンローにある人気店『Supanniga Eating Room』の姉妹店です。
  (この店は、2013年旅行記でご紹介)

   2014_7037.jpg

やっぱりここもオシャレ


 2014_7032.jpg2014_7034.jpg

揚げ卵にタマリンドソースをかけた「カイルークカイ」。
屋台で買える普段のおかずですが、
さらっとしたソースや卵が半熟なところなどがこの店ならでは。
卵料理があるとほっとします。
後は、昨年食べてないものを注文してみました。
パッカナーに、サクサクの塩魚そぼろをのせた「パッカナー・プラインリーケムフー」。
これは日本人受けしないかも。


 2014_7029.jpg2014_7031.jpg
中にイカの入ったタイ風さつま揚げ「トートマンムッククライ」。
イカ入りって面白い。添えられたのは、パッションフルーツ入りのナムチム!
とってもフルーティで美味しいタレでした。タイ料理って、フルーツを活かすのがうまい。
そして、
豚の炭火焼き カオチー添え「ムーヤーン・チムジェウ・イサン・カオチー」
カオチーは、いわば“タイ風きりたんぽ”。
野菜を添えるだけではない、こういうプレゼンテーションはアイデアですねぇ。
辛いタレも美味しいです♪

昨年行った本店もそうですが、どの皿もちょっとしたアイデアが素敵で、
人気店なのが納得の味。
オーナーの料理センスのよさがうかがえます♪



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

タイのスーパーで買ったもの ~⑥ [2014年夏バンコク旅]

バンコクでは、スーパーをぷらぷらするのも楽しみ♪
行くたびにお手軽調味料が増えていて、変化の速さに驚き。
まだ開封してないものばかりですけど。


 タイ7102.jpg

右は、『ライチ(茘枝)のジャム』。
大きな果肉も入っていて、紅茶に入れたら香りよいライチティーになりそう。
左は、『カイルークカイのソース』。
「カイルークカイ」とは、揚げ茹で卵に甘酸っぱいソースをかけたタイの普段のおかず。
タマリンドベースのソースですが、これは便利かも!


 タイ7103.jpg

『ふりかけトムヤムクン味』と『ふりかけちりめんじゃこトムヤム味』
完全に、日本人向けの土産ですね。


 タイ7105.jpg

右は、『BLUE ELEPHANT  タマリンドドレッシング』
左は、『レモングラス ドレッシング
どちらもタイハーブがたっぷり入っていて、楽しみだなぁ。



 タイ7106.jpg

米麺とソースのセット、『グリーンカレーヌードル、パッタイ、トムヤムヌードル』
これも外国人お土産用パッケージ。味見で買ってみました。


 タイ7116.jpg

そして、オトコ市場で買った美味しいガピ(発酵海老味噌)。
蓋が破損してるのがわかる?

実はうっかりして、空港で手荷物検査に引っかかってしまいました。
放棄するかチェックインし直すか・・・
家族のうんざり顔を無視して、ワタシの答えは「絶対持って帰る!!」。
引き返すと、チェックインカウンターは長蛇の列(>_<)。
空港職員のお姉さまに直訴したら、空いてるカウンターを開けてもらえました。
こういう融通を利かせてくれるのがタイらしくて好き♪
なにせ、100均の小さな保冷バッグ一つですから。

その間の会話。
「何それ?」「ガピ」、 「え~っ、ガピってダメなのォ」「・・・そうみたい」、
「手荷物係がダメって言ったの?(面倒くさいわねぇ)」 
仲間に「ガピ、ダメだってさ」・・・皆さま首を振って「オーイ(やれやれって感じ)。」 
「ガピの量すごいじゃない、好きなの?」「ええ、とっても♪」、 
「ふふん♪」 仲間に「この日本人、ガピ好きなんだって。」 ・・・・続く・・・・
タイ人をよく知る人なら、この会話のニュアンス、わかっていただける?

で、羽田の受け取り口から流れてきたちっちゃな保冷バッグは、
もわ~っと匂ってた、という顛末です。
苦労して持ち帰ったガピは、9月の教室メニューで使いますね♪
 



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピンクのカオマンガイ屋 @バンコク ~⑤ [2014年夏バンコク旅]

美味しいカオマンガイと評判の『ガイトーン プラトゥーナム』、

店員がピンクのTシャツを着ていることから、
“ピンクのカオマンガイ屋さん”とも言われています。

茹でた鶏を、茹で汁で炊きこんだご飯にのせ、タレをかけて食べる“カオマンガイ”。
ランチにというイメージですが、タイでは朝食べる人も大勢。
今年7月、渋谷に「ガイトーン東京」がオープンしたとか。(プラトゥーナムは地名です)
ほぼ同じ料理ながら、シンガポールの『海南鶏飯』のほうが知名度は上なので、
“がんばれ!カオマンガイ”の気持ちです。

久し振りにあそこで食べたいな~と、本家本元に。
住んでいた頃に行ったきりなので、なんと20年ぶりだぜ^_^;。


 2014_7002.jpg

伊勢丹がある大通りの反対側の道を内側に入り、橋を渡ってすぐのところ。
運河から見える景色も随分変わりました。

2014_7003.jpg2014_7004.jpg

相変わらず、タイ人と旅行客の行列!
混みあう昼時は当然相席。ちゃちゃっと食べてすぐ立つ為、予想外に早く順番が来ます。

2014_7009.jpg2014_7006.jpg

これが「カオマンガイ」。
小ぶりなので、男の人は大盛りか二つオーダーがいいかも。
写真に写ってないけど、お約束のミニ鶏スープ付き。これにガラ入りのスープも頼みました。
グループなら、茹で鶏皿を注文して、皆で取り分けてご飯にのせる等もできます。

鶏はしっとり柔らかで、ご飯は油っぽくなく、さらっと絶妙な軽さ。
カオマンガイは、屋台やフードコートで食べられるのですが、
この店評判のタレ、やっぱり美味しい♪

 2014_7005.jpg

またまたお値段の話になりますが、
カオマンガイ(ミニスープ付き)、一皿40バーツ、120円です♪


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

飛鴨FEIYA @ルネッサンスバンコクホテル ~④ [2014年夏バンコク旅]

バンコクの数ある美味しい飲茶の中で、
ここ数年評判が高く、ハイソなタイ人で賑わっている、
『飛鴨 FEIYA』。


  フェイヤー6966.jpg

スタイリッシュで高級感あふれる店内。
店名に「鴨」が付いているだけあって北京ダックが有名で、これは予約が必要。
昼からグループ席にガンガン運ばれてました。

飲茶ランチは、メニューの中から好きなだけオーダーして運ばれてくるスタイル
これに、選べる中国茶もつきます。

まず「スープ」から一つ選んだ「酸辣湯」が、好みの酸味とコクですごく美味しかった。
「点心」は、ずら~っと表記があるんだけど写真がないとピンとこなくて、
「食べ放題だしね~」と、かなり適当にオーダー。
炒め物まであって、ディナーに近いメニューも楽しめます。

フェイヤー6970.jpgフェイヤー6971.jpgfeiya6976.jpgfeiya6977.jpgfeiya6973.jpgfeiya6974.jpgfeiya6975.jpg

シューマイがでか過ぎ^_^;。

 feiya6972.jpg

そしてブログ等でオーダー必須と評判の、「海老とマンゴーのフライ」。
甘いマンゴーとぷりぷり海老の組み合わせが新鮮♪

「炒飯 or 麺」で、両方!チャーハンと焼きそばを頼んだら、これがすごく美味しい!
シンプルだけど、さりげない手間をかけて、ちょっと他のお店と違うのよね、
これだけ注文してお昼ご飯にしたい。

feiya6978.jpgfeiya6979.jpg

“調子に乗っちゃった”と後悔するくらいオーダーしてしまいましたが(>_<)、
評判のスイーツも必須。

feiya6980.jpg

“タピオカとソムオーのマンゴーソース”と“杏仁豆腐”。
どちらもオシャレで、すごく美味しくて♪
マンゴーのデザートは、9月の料理教室メニューでご紹介しますね。


さて、これだけ食べて、お一人788バーツ、約2400円++。
もう日本に帰りたくないくらい(*^_^*)。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Renaissance Bangkok Ratchaprasong Hotel  ~③ [2014年夏バンコク旅]

今回は3か所のホテルに滞在しました。

まず、BTSチットロム駅から徒歩2分の、
『ルネッサンス バンコク ラーチャプラソン ホテル』、5つ星。
パワースポット・エラワン祠のすぐ近くで、買い物にはとっても便利なところ♪
スカイウォークで、セントラルワールド、伊勢丹、サイアムパラゴン、サイアムスクエアへ
雨に当たらず歩いて行けます。

雨季には断然ポイント高い!



ルネッサンス7048.jpg

デザイナーズホテルのような外観の、マリオット系のホテル。
オープンして5年、スタイリッシュな内装ですが、
ロビーのある1階だけがちょっと独特。
夜は、フロントが鮮やかなブルーの照明に浮かび上がり(ちょうどホテル外観のような)、
カクテルでも出てきそうな雰囲気^_^;。


ルネサンス7074.jpg

マリオット会員なのでグレードアップしてくれたのかな?、
高層階の窓から大きな青空と高層ビルが見下ろせる、すっきりした部屋、
そしてバス・トイレがシースルー。
広く見えるしボタンひとつでブラインドが降りるんだけど、結局ずっとブラインド下げてるわけで、
家族には不要^_^; 。
(カップルでもシースルーなトイレなんてありえませんよね?)

ルネサンス7050.jpg

屋内プールは、デッキチェアが水に浮かんで涼しげ。
・・・素敵だけど、本や携帯をうっかり落としそう^_^;。

ここ10年の常宿は、BTSプロムポン駅直結の『エムポリアムスイーツ』ですが、
バンコク最大のショッピングエリアが徒歩圏内、この立地のよさ、いいなあ♪
(エンポリアムの部屋は抜群に広いので家族にはおススメ。今年も4泊。)
今回は利用しなかったけど、朝食の豪華さも有名。
そして、
美味しくてお得な飲茶がいただける『飛鴨 FEIYA』が入ってます。
次回ご紹介。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Emack&Bolio's バンコク出店 ~② [2014年夏バンコク旅]

ご飯を食べて21時半過ぎセントラルワールドをぷらぷらしてたら、行列をみかけました。

アイス7041.jpg

ボストン発のアイスクリーム屋『Emack&Bolio’s』。

若い子たちが、アイスクリームを手にスマホで撮りまくり。
張り紙を読むと、
ベストオブボストンにも選ばれたアメリカの人気ショップバンコク初出店。
リストによると、日本には未上陸。

食べるなら今ここで、でしょ! 

ということで、閉店間際ながら15分並んでゲットしました。
アイスの種類は迷うくらい30種類くらいはあったかな。
チョコ入りのバニラをチョイス
そしてカップは派手なコーンを。

アイス7045.jpg

結構、ボリュームでしょ!
お味はというと、ほどよい甘さで、ほどよいコク。
まあ普通に美味しい、てところでしょうか。
マシュマロで貼り付けたライスクリスピーのコーンが甘すぎ(>_<)。

アイス7042.jpg

お値段は、ワンスクープで120バーツ+マシュマロコーン代70バーツ。
数字に3をかけると、おおよその日本円になります。
つまり、570円。
若い子達が群がるこのアイス、タイでは、か・な・り高額。

わっと群がって冷めるのが速いと言われるタイ人ですから、最初のうちだけかもしれませんが、
表参道で人気のポップコーン屋も、サイアムパラゴンにあって行列だったし、
タイの景気の良さ、実感。
年々、財布から1000バーツ札が飛んでいくのが速くなります(-"-)。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

apinara(アピナラ)@groove ~① [2014年夏バンコク旅]

バンコク生まれのシュートは、「皆みたいにハワイに行ってみたい」という高校2年生。
いつも東南アジア各国ばかり連れ回してるからね・・・。
来夏は大学受験のため旅どころではなく、
多分家族で行くのは最後・・・かなぁ、というバンコクに行ってきました。

食べまくりの旅、少しずつアップしていきます。


まず到着した夜は、タイ人の友人が案内してくれた「apinara」というタイ料理レストラン。
セントラルワールドに先月オープンしたばかりの、トレンドなレストランエリアgrooveにあります。

 アピナラ7075.jpgアピナラ7080.jpg

天井には、団扇形の羽根の扇風機飾り。
窓際の席は、天蓋付きのカップル席みたいな仕立てで、スタイリッシュ♪

 アピナラ7076.jpg
まずは、ナムテンモ―パン(スイカスムージー)。
タイに来た~、って感じ!


 アピナラ7085.jpgアピナラ7083.jpgアピナラ7087.jpgアピアナラ7090.jpgアピアナラ7092.jpgアピナラ7088.jpg

平たい米麺で海老や野菜を巻いた「クイッテオ ミアン」、
ラープを肉団子にして揚げた「ラープトート」、ガピ味の唐揚げ「ガイトートガピ」、
豚トロ焼きの「コ―ムーヤーン」、
タイハーブたっぷり野菜のサラダ「ヤムヤイ アピナラオリジナル」は甘酸っぱいタレが独特。
そして、黒米と普通のジャスミンライスの盛り合わせの器も可愛い


アピアナラ7094.jpgアピアナラ7095.jpg

デザートは、
バナナ入りの「クルアイホームトート・アピナラオリジナル」は、
ココナツキャラメルソースがかかって美味しい。 
そしてタイに来たら絶対!「マンゴーと甘いもち米のデザート」。

そして隣のテーブルが盛り上がっているのを見て急遽追加した、「ココナツアイスクリーム」。

アピアナラ7097.jpgアピアナラ7101.jpg

12品のトッピングが運ばれ、ご自由にのせてどうぞ、のスタイル!!
ピーナツ、コーン、ロッチョン、タップティム、仙草ゼリー、タロイモ等、
タイデザートにはお馴染みのトッピング。
このトッピングだけでも美味しいんだけど♪
ココナツの果肉を凍らせて薄く削ったような、こだわりのココナツアイスでした。

シュートがいるので辛いものオーダーは避けたけど、
辛いタレもしっかり絡めて食べるなど、十分に付いて来れる様子。成長したのよね。
よっしゃ~。
美味しい旅のはじまり(^O^)/。

今回は、タイ・キュイジーヌの店を食べ歩くのも目的。
このgrooveエリアには、別の店も訪れました。また別の回でご紹介。

     









nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アルヴェアーレ@元麻布 [レストラン]

7月に行ったお店ですが、
オープンして一年、食の評論家の間でも高評価のイタリアン「アルヴェアーレ」。

その日仕入れた食材に最適な調理法にするため、おまかせコースのみ。
デザートまで全10皿です。

この日は、空豆のピューレとチーズの前菜からスタート。

アルヴェ_6752.jpgアルヴェ6759.jpgアルヴェ6754.jpg
アルヴェ6758.jpgアルヴェ6759a.jpgアルヴェ6760.jpg

気が付いたら食べちゃった後だったり、
ピンボケばかりでアップしないほうがマシかもね・・・(>_<)。

ポーションは小さめ。美味しいワインと色々な味が楽しめます。
メインを一皿追加オーダーしたのですが、
普通の量を食べる人なら、10皿で結構お腹いっぱいかなぁ、という感じ。

イタリアンだけど、フレンチや和食のようなテイストもあり、
ひとつひとつが美味しく、楽しい♪
しかも!
このおまかせコースは、6300円。

元麻布にあるビルの地下一階、こじんまりしたお店で、サービスも気持ちの良い空間でした。
21時からはワインバーになり、メニューもアラカルトに変わるとか。
ふらっと訪れ、一杯飲んで、ふらっと去る・・・、
近所なら出来るんだけどなぁ。
また行きたいお店です。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ココナツオイル [料理・食べ物]

ブームになりつつある「ココナツオイル」。

バンコクで友人(色々健康数値がヤバい)に話したら、
「ずーっと前から、毎朝スープン2~3杯を飲まされているよ。」 とのこと。
モデルのミランダ・カーも飲んでるのよ、時代の先端だわね~と、
酒の肴?に盛りあがってました(*^_^*)。

それじゃということで、奥さんがタイでエステを経営しているその友人から、
業務用のココナツオイル(Extra virgin oil & cold press)を分けてもらいました。

    ココナツオイル.jpg
一番右は、バンコクのスーパーで買ったオイル。
話題になる前から普通に売ってたような。


帰国後調べてみると、
ココナツオイルは、飽和脂肪酸のうちの“中鎖脂肪酸”が主体。
これは赤ちゃん用粉ミルクにも添加されている大切な成分。
肝臓で「ケトン体」に分解され、これが脳の栄養源となり、
アルツハイマーや認知症が改善されたという報告で一躍話題に。
その他、動脈硬化・骨粗鬆症・緑内障・癌などに由来する活性酵素を除去する働きもあるとか。

美容効果もバッチリ♪
素早く脂肪を燃焼させ、効率よくエネルギーに変わるので、痩せやすい体質に!
肌や髪にも使えて、日焼け止め効果も。
しかも酸化しにくい油。


日本は高いし、もっと買って帰ればよかった(>_<)。
希少糖にこのオイルが加われば、ものぐさな私に鬼に金棒!!

夏休み明けの料理教室で、皆さんに少しおすそ分けしますね。
一緒に美しく!?、なりましょう (^_-)-☆ 。
苦笑。




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

希少糖 [料理・食べ物]

話題の、太らない“希少糖(レアシュガー)”。
帰省先の岡山スーパーで発見♪

   レアシュガー.jpg

でもよ~く見たら、希少糖60%のシロップ
少々高くても100%でないと意味ないような気がしますが、
生産上何か制約があるのでしょうか。

バンコク美食三昧で気が緩み、まさかのビール腹のワタクシ。
これに期待してもよいでしょうか・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和楽@岡山 [料理・食べ物]

8月に入ってバンコクへ、帰国後すぐに帰省と慌ただしい日々。
ブログはすっかりご無沙汰でした^_^;。
美味しいもの&楽しい旅を、これからアップしていきますね。


まず岡山では、長~いお付き合いの高校時代の恩師と友人とでランチ。
おススメの店に連れていっていただきました。
岡山の老舗の名店で修業したかたが出したお店です。

    和楽1.jpg

すごく美味しくて、器も素敵♪

 和楽.jpg和楽2.jpg
 和楽4.jpg和楽5.jpg

ところてん、焼き生麩、白和え、白身魚にぎり梅肉ぽつり、絶妙な火加減のタコ、
だし巻き卵、鱧の湯引き、お刺身・・・・、
素敵なお椀の中は、白玉まんじゅう・くずあん。
もっちりした白玉生地で魚介類を包んでおり、あらすごく美味しい♪
これ、家でトライしたい!

 和楽6.jpg

取手付きの重箱を開けると、

 和楽7.jpg和楽8.jpg
 和楽10.jpg和楽9.jpg

カツオのたたき、じゅんさい酢、焼き魚、こんにゃく煮締め、色々具入りさつま揚げ、
南蛮漬け、海老のマヨ和え

ご飯は、おかわりどうぞのトウモロコシ飯。もちもちして美味。香の物と味噌汁。
デザートは、生青竹に入ったアイスにとろとろ白桃をのせて。
もうお腹いっぱいでした。

夜はさすがにお高い店ですが、
このランチ、東京だったら倍はするよねぇ♪という、コストパフォーマンス。
人に教えたくないお店^_^;だわ。
昼でも予約は必須です。

次、帰省したらまたここでね、と友人と約束しました。


          日本料理「和楽」 表町商店街のすぐ近く。女将さん、美人です♪

     
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。