So-net無料ブログ作成

親子丼@鳥藤 [レストラン]

築地に用事があり、ちょうどお昼時になったのでランチ♪

様々な言語が飛び交う混雑の築地場外で、さて何を食べよう・・・。
寿司は冬にちょいと寒い・・・、行列の立ち食いラーメンは美味しいのか?
ぶっかけホルモン丼をおじさん達に交じって食べたいが今日は立ち食いはツライ。

迷った末、鶏肉卸しで有名な「鳥藤」の、“親子丼”。

親子丼30.jpg

やっぱり鶏の味、弾力が違うわ~。
濃い甘辛だれで、写真のように、卵は生に近い半熟加減。
白濁した鶏スープは塩控えめで美味しくて丼によく合いました♪

親子丼は主婦にとって、お金払って食べることの少ないメニュー。
とっても参考になったので、今度これに近い味で作ってみて、
家族の反応を見てみます♪


岡山の母が作っていた親子丼は、栄養ある玉ねぎがたっぷり。
しっかり卵に火が入った薄味のスープ状態でした。
遅く帰ってきた者には、鍋を温め直し、雑炊のようにしゃばーっとご飯にかける親子丼。

どーも世間のものとは違うようだ・・・とわかってからは、
私が作るのは、トロトロの “多分正しい親子丼”。
でも、
母のも美味しかったわ・・・と最近思うようになったワタシがおります。





nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 2

monkey

お母さんは家族の生活パターンを考えて工夫してくれていたのでしょうね。所謂おふくろの味ですね。
by monkey (2017-01-29 14:08) 

tenko

monkey 様

工夫してた・・・ことはないと思うのですが、
母の味、というのは確かです。
今頼んでも、親子丼は多分同じ作り方(^-^;。
by tenko (2017-01-29 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。